MENU

【ハワイ】アメリカ入国要件と事前準備について(ワクチン証明)

2022.6 ハワイ旅行ブログ 2≫

2022年6月にハワイ旅行に行った時のレポート✍

アメリカ入国は事前準備は多いなと感じましたが、出発時にJALの人に見せるだけであとはスムーズに入国できました。

目次

アメリカ入国のための準備

2022/6 羽田ホノルル便

※私がハワイに行った2022/6時点の状況です。

準備するもの

  • ESTA申請
  • 宣誓書
  • ワクチン接種証明書(2回)
  • 前日中検査のPCR陰性証明書(6/12以降不要)

ESTA申請

これは以前からあるアメリカ入国に必要な申請。

今は21ドルで2年間有効。早めに登録しておくべし。

申請代行サイトにご注意

「ESTA」とか「ESTA 公式」とかで打って出てくるいかにも公式っぽいサイトは申請代行サイトです。
分かったうえで使うのは全然ありですが、今は自動翻訳もあるし公式でやって節約した方がいいです。

私はやらかしまして、クレカの請求8690円×2を見て初めて気が付きました🙄
学生時代の私は公式サイトで友人の分までやってあげるくらいしっかりしていたのに・・久々すぎる申請で凡ミスです~💦

安全のため外務省のページをご紹介👇(笑)

外務省:ESTA(電子渡航認証システム)に申請してください

アプリ「VeriFLY」のダウンロード

アメリカ入国はVeriFLY

JALが案内メールを送ってきてくれたので、ファストトラックアプリ「VeriFLY」をダウンロードして登録してから行きました。

国によって採用アプリが違いまして、日本は「MySOS」なので別のアプリです。

(米国入国)JAL:VeriFLY
(日本入国)厚生労働省:ファストトラック

事前に各証明書をアップロードして、入国条件を満たしていると「Ready To Travel」と緑色のチェックマークがアプリに表示されますので、JALのチェックインカウンターでその画面を見せるだけ。

アプリなくても平気

日本と違ってアプリ必須じゃない印象です。(日本はアプリ青じゃないと入国時の導線変えられるのでまじで必須)

夫氏がPCR検査のアプリ登録間に合わず、JALのカウンターで紙の宣誓書から始まりましたが、ワクチン接種証明とPCR検査陰性証明見せたらすんなりOKでした。

ハワイ到着後は特段何もなかったです。

宣誓書

グーグル翻訳アプリのグーグルレンズが活躍します(笑)

質問内容的に適当にYESで答えるのは危険ですよ。

事前にVeriFLY内で回答するか、チェックインカウンターで紙で回答するか。

どちらにせよグーグルレンズをかざせばOK🤭

ワクチン接種証明について

2022/6 羽田ホノルル便

アメリカのワクチン接種要件

アメリカはワクチン接種証明がいるんですよね。

ただ基準値は2回(日本はワクチン接種扱い基準は3回)

在日米国大使館と領事館:COVID-19ワクチン接種の要件

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

マイナンバーカード持ってるなら、デジタル庁が出してる新型コロナワクチン接種証明書アプリ一択です。

マイナンバーカード×スマホで一瞬

スマホをマイナンバーカードにかざしたら一瞬で証明書が出てきました✨✨

これには感謝。日本政府グッジョブ👍

区役所で証明書とるのは時間かかるとも聞いたので、マイナンバーカード持ってて本当によかったと思った瞬間でした。

デジタル庁:新型コロナワクチン接種証明書アプリ

※国内用ではなく海外用の証明書を選択してくださいね。両方選択も可。私は両方出しました。

VeriFLYへの登録方法

VeriFLYには、二次元バーコードをスクショしてアップロードすればOKでした。

ちなみに最初のページに出てくる細かいコードのではダメで、右の「SHC」の方でOKが出たと思います。

PCR検査について

木下グループPCR検査センター渋谷

※アメリカ入国には6/12~不要になりましたが、他国入国などで参考になれば。

無料会場は証明書出ないのが多い

6/12以前のアメリカの基準て中々厳しくて、検査は渡航の前日以内😓(24時間ではなく前日)

私はちゃんと調べておらず失敗して渡航前日に半泣きでした・・

近所のスギ薬局

近所のスギ薬局は店頭での予約制で、その日の枠はないと。しかも翌朝検査キットをどこかに郵送するというようなことを言われ、断念。

近所の駅前PCR検査センター

近所の駅前PCR検査センターにふらっと行ったら「証明書は海外渡航基準ではない」「証明書5000円で出す場合は検査も有料になる」と言われ、高くて断念(笑)

街で無料でやってるのは証明書出ないのが多いようです。

木下グループのパスポートナンバー入り証明書

要予約

木下グループは予約がなければ絶対に入れてくれませんし、予約タイプを間違えても変更してくれません。(現場で何かを見た👀)

主要駅の検査場をいくつか探してみて、前日夜の枠がまだ空いていたので、予約✨

1000円でパスポートナンバー入りに

以前は海外渡航用には不安な証明書しか出なかったようですが、都内無料の検査に+1000円を払えば、パスポートナンバー入りの証明書を出してくれるようになったと聞いて✨

1000円で済むなんて嬉しい~💓

公式HP:木下グループ新型コロナPCR検査センター

検査時間がネック

私の時の検査結果は「翌日中」送付で・・💦

アメリカ入国には難しい検査場でしたが、夜の便なのでトライ。

私は前日18:15の枠で受けて、翌日11:40に検査結果がメールできました💕

早い!ありがとうございました。

VeriFLY無事承認

木下グループのパスポートナンバー入りの証明書をVeriFLYにアップロードして、無事承認されました💡

羽田空港エキスプレスPCR検査

これも木下グループ

木下グループがやってる羽田空港でのクイック検査。夫氏は9800円払ってはなからこちらに。

木下グループ:羽田空港

クリニックで2万とかより安いので、仕事忙しい人は最初からここがおすすめ。

注意点

フライトよりずいぶん早く空港にいかないと、VeriFLYは間に合わないです。

確かフライトの2時間前にはアップロードしないといけないんですよね。

検査場の方も予約枠結構埋まっているので、そんな都合よく好きな時間見つからないので、予約はお早めに。

≪2022年6月≫

応援していただけると励みになります♪

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
2022/6 羽田ホノルル便

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる