【西表島】念願の!仲間川マングローブクルーズで写真撮りまくってきたよ!

2019.7八重山女1人旅ブログ㉑≫

3島ツアーの最初のアクティビティ「仲間川マングローブクルーズ」に出発です⛴

西表島だけで丸1日使って、もう一つの港上原港からピナイサーラの滝を目指すツアーも憧れたのですが、私にはちょっとハードルが高く、今回は初回だしまずは仲間川のクルーズと由布にしました✨

トレッキングツアーも行ってみたいし珊瑚で出来たバラス島にも行ってみたいし、また来よう💡

あわせて読みたい
【八重山諸島】西表・由布・竹富3島めぐりツアーに女1人で参加したまとめ♪(石垣島ドリーム観光)
【八重山諸島】西表・由布・竹富3島めぐりツアーに女1人で参加したまとめ♪(石垣島ドリーム観光)≪2019.7八重山女1人旅ブログまとめ≫せっかく八重山に来たからには、八重山諸島の島々をめぐってみたいですよね❤八重山諸島の島々をたった1日で3島もめぐるツアーに参加...
参加中のツアー☝
目次

仲間川マングローブクルーズに出発!

乗り場

大原港の中に乗り場があります。

旅の写真(仲間川遊覧ボート)
仲間川遊覧ボート

由布に行かないのであれば、ツアーに入らないで自分でこれを予約してもいいですね。

そのあとカヤックとかも楽しそう。

仲間川ボート遊覧
大人1,800円

ボートの席はこんな感じ。

旅の写真(クルーズ船の座席)
クルーズ船のシート

出発

海から川を上っていきます。

旅の写真(仲間川マングローブクルーズに出発)
出発!
旅の写真(仲間川マングローブクルーズ)
旅の写真(仲間川マングローブクルーズ)

橋から先が川

この橋を渡れば川なのだそうです。

旅の写真(仲間橋)
仲間橋

川に入りました✨

旅の写真(仲間橋をくぐる)

ここから仲間川を上っていきます。

旅の写真(仲間川)
仲間川
旅の写真(仲間川)

仲間川のマングローブ

圧巻のマングローブ林

テレビでしか見たことなかった世界が目の前に広がってます🌲🌳🌲

旅の写真(仲間川のマングローブ)
仲間川のマングローブ
旅の写真(仲間川マングローブ)
旅の写真(仲間川マングローブクルーズ)
旅の写真(仲間川マングローブクルーズ)

下が泥なのもあるけど水は茶色いですね。

旅の写真(茶色く濁った仲間川)
茶色く濁っています。

素晴らしい景色✨

旅の写真(仲間川マングローブクルーズで見られる絶景)
絶景です!
旅の写真(仲間川マングローブクルーズ)
旅の写真(仲間川マングローブクルーズ)

船着き場

上流の方に行くと、船着き場があります。

旅の写真(船着き場)
船着き場
旅の写真(仲間川の船着き場)
船着き場

急に船着き場が現れて普通に通り過ぎるものだから、インディージョーンズを彷彿させるようなファンタジックな魅力を感じてしまって、

「トレッキングはここからしか行けないの?」とか「昔はここからしか山道がなかったとか?」とかいろいろ考えていましたが・・

調べてみるとここは単に遊歩道に合流できる地点のようです。

撮った写真を拡大すると、看板にも書いてあります。

旅の写真(大富遊歩道(大富林道)利用案内)
大富遊歩道(大富林道)利用案内

観光スポットの「仲間川のサキシマスオウノキ」を手っ取り早く見に行くための船着き場っぽいですね⛴

看板の左下の写真の木ですね。

日本最大のサキシマスオウノキだとかΣ(・ω・ノ)ノ

サキシマスオウノキは国指定天然記念物で、西表島には由布へいく途中にも群落があるようです。

今回は下船のないツアーだったのですが、「島に訪れた人がほぼ立ち寄るスポット」というのを読んで、心残りができました(笑)

下船のできるツアーを申し込むのがよさそうです。(というか普通はここで下船するようです)

がーん!😨

3島ツアーにしちゃったから短縮になったかな。

屋久島の杉の木のようにトレッキングの目的地となるような存在なのだと思います💡

遊歩道を頑張って歩くのもいいな。

動物

サギがいました。

旅の写真(サギ)
サギ

ぶれぶれですが、飛んでるサギ。

旅の写真(飛んでるサギ)
サギ

私は佐渡から帰ってきたばかりなので、白い鳥に反応してしまい、サギだと分かると必要以上にがっかりするのです(笑)

ガイドさんも「別に珍しい鳥ではない」と言ってました。

あと、写真にはおさめられなかったのですが、泥の上を魚が歩いています🐟笑

旅の写真(ハゼが動いています)
ハゼが動いています

調べたらマングローブに住む、ミナミトビハゼという水陸両生魚のようです。

写真を撮るにはボートからじゃ難しいのでトレッキングをした方がよさそうですが、肉眼では動いているのが結構見えるので、岸が近いときに見てみてください。

カニさんもたくさん動いていますよ🦀

旅の写真(ハゼを見るのは岸が近い時がチャンスです)
岸が近い時がチャンスです

ボートの底が擦れそうになってくるところで折り返し

どこまで行けるかは潮の満ち引きによるようです。

上流の方では、ガイドさんも「場所によっては船の底がついてしまうから通れそうなところをえらんでいる」と言っていました。

浅くなってきました。

旅の写真(水深が足りなくなってきました)
水深が足りなくなってきました

折り返しのクルーズはうとうとしてしまいました(-_-)zzz

前日の波照間に引き続き、紫外線東京の5倍とか7倍とか言われるこの西表の空にも体力を奪われます。

旅の写真(西表島の空)
西表島の空
旅の写真(仲間川マングローブクルーズ)
旅の写真(仲間川マングローブクルーズ)

カヌーをしている方がいました。

旅の写真(仲間川でカヌーもできます)
カヌーもできます

それにしても西表島って不思議な島ですね。

他の島と同じ環礁内でこんなに近いのに、ここだけ島全体がジャングルで、海岸が砂浜じゃなくて泥で、海が茶色い・・・。

マングローブの種類

下調べせずに行きましたが、クルーズのガイドさんが解説してくれますので大丈夫です💡

ガイドさんの説明+ブログ書くために調べたうんちくも大放出するので見てください✨

マングローブというのは海水と淡水が混ざり合う「汽水域」に生える木の総称のようです。

板根(サキシマスオウノキ・メヒルギ)

板根の代表例といえば、サキシマスオウノキ🌲

ガイドさんがこの白い木をしきりにアピールしていたのですが、肉眼ではあまりピンとこなかったです。

旅の写真(小さなサキシマスオウノキ?)
サキシマスオウノキ?

撮った写真をよく見てみると板根になっています。

とりあえず撮っておいてよかった📸❤

サキシマスオウノキは基本的には半マングローブと言って、「バックマングローブ地帯」に生えている植物のようです。

屈曲膝根(オヒルギ)

木の本体の周辺に、呼吸するための根っこが地面に顔を出しています。

人の膝みたいだから屈曲膝根なんですね。

旅の写真(オヒルギと屈曲膝根)
オヒルギ

オヒルギの本体の方は大きくなると板根になったりするみたいです。

これとかそんな感じじゃないですか?メヒルギなんですかね?

旅の写真(オヒルギの板根かメヒルギの板根)
オヒルギの板根かメヒルギの板根

支柱根(ヤエヤマヒルギ)

支柱根といわれるタコ足のような根を沢山地面に伸ばして、荒波に耐えるようです。

他の木も下の方はタコ足になっているので違いが分からなかったのですが、もっと上の幹の方からタコ足で支えているのが支柱根のようです。

これとかそうじゃないですか!?

旅の写真(ヤエヤマヒルギ)
ヤエヤマヒルギ

ピンボケの失敗作の中から探してきました。写真いっぱい撮っておいてよかった❤

こっちに立派なのがありました。

旅の写真(ヤエヤマヒルギ)
ヤエヤマヒルギ

なんか魚をとる仕掛けのようなものもありますね。

大きい画像で見るとペットボトルから糸が降りていて下に籠があります。

その左の木は何でしょう・・。板根に見えなくもないですが直立根が伸びてますかね?

直立根(マヤプシギ)

直立根筍根とも言って、針山のように水や泥から根っこが突き出ています。

旅の写真(マヤプシキ(ハマザクロ))
マヤプシキ(ハマザクロ)

ちっちゃーい木で直立根があったら「ヒルギダマシ」だそうです。

探してみてくださいね👀

歩くのが一番なんでしょうけど、ツアーのクルーズでも十分生態観察も楽しめました✨

そしてブログ書くために色々調べて、かなり勉強になりました✒

下船してバスで由布へ

帰りは海ではなく、川の下流で降ります。

旅の写真(仲間川の船着き場)
船着き場

マングローブの落ち葉って独特ですよね。

雰囲気ある。

旅の写真(マングローブの落ち葉が鮮やか)
マングローブの落ち葉が鮮やか
旅の写真(仲間川地区保全利用協定)
仲間川地区保全利用協定

≪2019/7後半(月) 滞在3日目≫

応援していただけると励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログヘッダー(仲間川マングローブクルーズに参加)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる